[PR]

 トランプ政権の誕生で、日本人の米大統領への信頼が急落――。米調査機関ピュー・リサーチ・センターが行った2017年の日本人の意識調査で、こんな結果が出た。トランプ大統領への信頼度は24%で、前年のオバマ氏から54ポイント急落。08年のブッシュ(子)政権末期の25%も下回った。

 国際意識調査の一環で、日本では3~4月に1千人余りに電話で聞いた。トランプ大統領の信頼度は、世界情勢で正しい行動を取っているかどうか。韓国でも17%と、前年のオバマ氏より71ポイント落ち込んだ。政権交代が米国への信頼低下をもたらした格好だ。

 米国に好感を持つと答えた人も前年比15ポイント減の57%と、08年以来の低水準に。トランプ政権で今後数年の間に日米関係が悪くなると考える人も41%おり、「よくなる」(17%)を大きく上回った。米国の力と影響力を日本の主要な脅威ととらえる人も62%おり、16年の52%から増えている。

 一方、若い世代(18~29歳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら