[PR]

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が17日、グランプリ(GP)シリーズの第1戦ロシア杯(20、21日)が開催されるモスクワに到着した。羽生は9月の大会で違和感を抱えていた右ひざの状態について「問題なく。何も心配なく現地に入れてまずはホッとしています」などと話した。ブライアン・オーサーコーチも「ひざは良い状態」とコンディションの良さを口にした。

 今大会では、昨季四大陸選手権優勝、世界選手権6位で、4回転5種類を跳ぶことができるネーサン・チェン(米)との直接対決となる。18歳のチェンは来年の平昌五輪のメダル争いに絡んできそうな成長株で、羽生らトップ選手との力関係が今季前半でどう変化するか、注目される。