[PR]

 仮想通貨「リップル」をめぐり、警視庁は18日、仮想通貨取引所「リップルトレードジャパン」経営者の竹中優樹容疑者(31)=京都市山科区勧修寺西金ケ崎=を詐欺の疑いで逮捕した。

 JR浜松駅(静岡県)に近い、ビジネスホテルなどが立ち並ぶ一帯にある9階建てビル。かつて、このビルのオーナー会社が社長室として使っていたという8階の小さな1室が「リップルトレードジャパン」の本社として登記されている。

 記者が訪ねたが、看板も部屋が使用されている形跡もなく、呼びかけにも返事はなかった。竹中容疑者を知るという人は「パソコンなどがあった様子はないし、仮想通貨のようなものに詳しい雰囲気でもなかった。悪いことをしそうな感じもない、普通の青年だった」と話す。

 「リップル」は米リップル社が開発に携わった仮想通貨。「リップルトレードジャパン」は、ネット上では「日本初のリップルの取引所」などと評されていた。

 同社が設立された2014年ごろの状況について、取引所運営業者らでつくる団体の関係者は「いろんな会社が好き放題やっている状態だった」。規制する法律もなく誰でも開設できる状態だったという。

 この年、当時ビットコインの世…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら