[PR]

 女性へ性別変更した選手は女子リーグでプレーさせない――。オーストラリアの人気スポーツ、オーストラリアンフットボールのプロリーグ(AFL)の決定が議論を呼んでいる。「肉体の強さを分析した結果」としているが、基準がはっきりしないためだ。

 豪紙オーストラリアンなどによると、AFLは17日、性同一性障害で2年前に性別変更して女性になったハンナ・マウンシー選手(27)を、18日の女子リーグ新人ドラフトの候補者名簿に入れないと決めた。マウンシー選手は身長190センチ、100キロ。かつてハンドボール男子の豪州代表だった。男性ホルモンの値は国際オリンピック委員会(IOC)が五輪出場を認める水準に下がっているが、他選手との体格差を危険と判断したようだ。

 マウンシー選手は「失望している。ただAFLは来年のキャンベラでの大会参加は認めてくれた。来年のドラフトには加えてもらいたい」と声明を出した。AFL選手会は同選手を支援し、「選手資格について明確な指針を作るべきだ」とした。

 オーストラリアンフットボールは4本のポールの間に楕円(だえん)球を蹴り入れた得点を競う。選手同士の激しいぶつかり合いや運動量の多さから「世界で最も激しい球技」とも呼ばれる。女子は今年、初めてリーグ戦が開催された。(シドニー=小暮哲夫)

こんなニュースも