[PR]

 2025年の大阪開催を目指す国際博覧会(万博)に向けて、誘致ロゴマークのステッカーを貼ったトラックの「出発式」が18日、大阪府庁であった。府トラック協会に加盟する約2万台の荷台にステッカーを貼る計画で、「宣伝カー」として各地を走って誘致活動を盛り上げる。

 出発式では、同協会の辻卓史会長が「夢よ、もう一度。万博の大阪への誘致を目指してがんばりましょう」とあいさつ。新井純副知事も「盛り上がりも(開催地を決める際の)重要な審査項目で、その力になる」と話した。府職員らが見送るなか、ステッカーを貼ったトラック2台が街中へと出発した。

 来年11月の博覧会国際事務局(BIE)総会で開催地が決まるまで、「宣伝カー」は各地を走る予定。タクシー協会も、加盟する車にステッカーを貼る取り組みを進めている。(佐藤恵子)