[PR]

 警視庁の20代の女性職員が9月、自分が誘拐されて携帯電話が奪われたように装い、身代金を求める脅迫メッセージを名古屋市内の家族に送ったため、愛知県警が捜査に乗り出す「騒動」があった。県警は20日にも、職員を偽計業務妨害容疑で書類送検する。県警への取材でわかった。

 捜査関係者によると、職員は9月20日、無料通信アプリ「LINE」を使い、家族に「娘を誘拐した。5千万円用意しろ」とメッセージを送信。110番通報を受けた県警に誘拐事件の捜査態勢を組ませるなど、業務を妨害した疑いが持たれている。

 職員は休暇で実家に帰省中だった同日午前、家族とけんかとなり、腹いせにメッセージを送信。数時間後に帰宅して、自作自演と判明した。調べに対し「こんな騒ぎになると思わなかった。親に構ってほしかった」と話しているという。