[PR]

 希望の党代表の小池百合子・東京都知事は19日、定例記者会見で衆院選後も知事と党代表を兼ねるかどうかを問われ、「現時点で変わりない」と述べた。会見後の記者団の取材で、結果次第で代表を引責辞任する考えがあるかと聞かれると、「まだそのことは早すぎる」と語り、選挙結果を踏まえて検討する可能性を否定しなかった。

 小池氏は、まだ決まっていない党執行部の体制について、「結果をみたうえで、どのような形で形成するかを考えていきたい」と語った。自身が国会議員ではないため、代表を続ける場合は、松井一郎大阪府知事が代表を、片山虎之助参院議員が共同代表を務める日本維新の会を例に、共同代表のポストを設ける考えを明らかにした。

 一方、小池氏はこの日、民進党から希望への移籍を望んだ前職らの一部を「排除する」などと述べた自身の発言について、「傷つけるつもりは全くない。理念や政策を一致させて政党と言える。言葉だけが切り取られても真意は伝わらない」と説明した。

こんなニュースも