[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦ロシア杯は20日、モスクワで開幕する。午前中にあった公式練習では男子の羽生結弦(ANA)がルッツやループなどの4回転ジャンプを跳んで感触を確かめた。

 2日前に目立っていた失敗が減りつつある。この公式練習ではジャンプの成功率は6割ほど。4回転トーループ―1回転ループ―3回転サルコーをきれいに決めた。一方で、4回転ルッツが1回転になってしまう「パンク」もあった。ショートプログラム(SP)の曲をかけてプログラムを通した際の4回転ループでは転倒した。

 ネーサン・チェン(米)は4回転で転倒が目立ち、感覚の修正に苦心していた。