[PR]

 新入社員だった高橋まつりさん(当時24)の過労自殺がきっかけとなった広告大手・電通の違法残業事件は、電通、検察の双方が控訴しない方針で、21日に罰金50万円の判決が確定する見通しだ。昨年末に退社した元社員は事件に思いを寄せる。

 2015年秋ごろ。当時、電通関西支社のコピーライターだった田中泰延(ひろのぶ)さん(47)=大阪市=が午前3時ごろ、残業中にスマートフォンを触っていると、ツイッターのつぶやきが目についた。「まだ会社 しんどい」。そんな内容だったと記憶している。反射的に返した。「おれも会社で徹夜。がんばろう」

 つぶやいたのは、新入社員の高橋さん。会ったことはないが、この年の春からお互いのツイッターをフォローしていた。返信はなかった。

 16年1月、社内に高橋さんの訃報(ふほう)が貼り出された。そこにも、月末に配られた社内報にも死因の記載はなかった。自殺だったのだと思った。なぜ、「がんばれ」と言ってしまったのか。失礼な言葉に思えて高橋さんへのメッセージを消した。

 田中さんは1993年に新卒で電通に入社。昨年末に退社するまで約24年間、主に関西支社で働いた。

 関西支社は14年、労働基準監督署から違法残業について是正勧告を受けたが、電通は社員の増員などはせず、違法状態を脱するために労使の「36(サブロク)協定」を改変。より長い残業ができるようにしたことが公判で明らかになった。

 田中さんは、電通での日々を「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも