[PR]

 秘書(当時)への暴言や暴行疑惑で自民党を離党した埼玉4区の豊田真由子氏(43)は3期目をめざして無所属で立候補。応援弁士も組織もない戦いに挑んだが当選はかなわなかった。

 豊田氏は落選が決まり、事務所で支援者らを前に「今までとは天と地ほど違った。草の根の手作りの選挙戦で、人生で大事なことを教えてもらえた。こんな私に投票してくれた有権者に申し訳ない」と涙ながらに語った。今後について問われると、「全くの白紙」と答えた。支援者からは、「若いのだから頑張ろう」と励ます声があがった。