[PR]

 比例北海道ブロック(定数8)では、地域政党「新党大地」が議席を得られず、鈴木宗男代表(69)が落選した。7年ぶりの国政復帰はかなわず、23日未明、札幌市の事務所で、支持者らを前に「有権者の判断を厳粛に受け止めたい」と神妙な表情で語った。

 大地を立ち上げた後は2005年と09年の衆院選で当選。だが10年に受託収賄罪などが確定し、失職した。収監、公民権停止を経て活動を再開し、選挙戦では「北海道が良くなれば日本が良くなる」と訴えたが、道民の支持は広がらなかった。一方、長女の貴子氏(31)は自民の比例区で当選した。

 今後の政治活動について問われ、「以前から『生涯政治家』と言っている。この世界、一寸先は闇。衆院の解散がいつあるか、衆参ダブル選挙もありうる。体力の続く限り、愛する北海道のために頑張っていきたい」と話した。