[PR]

 核問題を話し合う「モスクワ不拡散会議2017」に出席中の国際原子力機関(IAEA)元事務局長ハンス・ブリクス氏(89)が21日、朝日新聞の取材に応じ、北朝鮮外務省の崔善姫(チェソンヒ)北米局長が「(核兵器は)米国のみを狙っている」との発言について「おそらく信用できうる」と述べた。

 ブリクス氏は専門家として会議に出席し、北朝鮮政府機関の研究員と共に登壇する機会もあった。北朝鮮当局者の発言などから「北朝鮮は日本と韓国における(北朝鮮に対する余計な)敵意を誘発したくない。北朝鮮は心から米国を主要な対戦相手だと見なしている」との見方を示した。

 一方で、崔局長が「核兵器を他国に渡さない」と述べて、核兵器国として不拡散を誓約したことについては、疑問符をつけた。「シリアの原子炉が北朝鮮の設計だったという報告があるほか、過去にはイランとのうわさもあった。(真実だと)検証はできないと考える」と述べた。

 北朝鮮政府高官が今回の会議に出席したことについては、ロシアが影響力を行使したとの見方を示した。「ロシアは極東の(緊張)状態を沈静化させたがっている。領土的にも隣接している。悪い言葉でののしることを避け、仲裁役的立場をとりたいのだろう」と分析。さらに「ロシアは米国が自らの指導的立場を維持するために朝鮮問題を利用しているとも疑っている」ため、米国への対抗上もロシアが仲裁役の立場をとっていると見なした。

 また、北朝鮮が独裁体制維持に向け大衆を統率するために「緊張状態」を欲している可能性についても触れ、「そうだとしたら、(北朝鮮の核を巡る)交渉が始まる可能性は低い」と主張した。(モスクワ=松尾一郎)

こんなニュースも