[PR]

 超大型で非常に強い台風21号は22日、日本列島に接近した。気象庁によると、23日早朝にかけて東海や関東に上陸する見通し。通勤時間帯と重なり、駅などが混乱する恐れがある。

 気象庁によると、台風は23日午前1時時点で静岡県御前崎市の南南西約110キロの海上を時速55キロで北北東に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は40メートル。過去最強級で関東に直撃する可能性もある。23日午後6時までの24時間の予想雨量は多いところで東海500ミリ、近畿、北陸350ミリ、関東甲信300ミリ。

 22日は各地で被害が出た。福岡市東区で建設用の足場が崩れ、巻き込まれた高齢男性が死亡したほか、総務省消防庁が同日夕時点で把握した情報によると、神奈川、千葉、三重、沖縄などの各県でけが人が出た。神奈川県で住宅近くの崖や寺の裏山などで土砂崩れが起き、三重県では川が氾濫(はんらん)。大阪府と千葉、兵庫の両県などで避難指示が出された。

 交通も乱れた。JR東日本は22日、総武線など主に千葉県内の路線で運転を見合わせた。JR東海によると、22日夜、東海道新幹線の岐阜羽島―米原駅間の上下線で停電が発生し、同駅間で運転を見合わせた。関ケ原トンネルで漏水があり、原因を調べている。

 23日は湘南新宿ラインや東北線の一部などが始発から運転を見合わせる。京浜東北などの各線も大幅に本数を減らす。空の便も23日午前を中心に欠航が出る見込み。