[PR]

 和歌山県白浜町の観光施設「アドベンチャーワールド」のイルカプールに飛び込んでショーを妨害したとして、県警は22日、オランダ国籍のペトラス・ヨハネス・マルティネス・ヤンセン(32)とベルギー国籍のカースティン・デ・キンペ(23)の両容疑者を威力業務妨害容疑で現行犯逮捕し、発表した。2人とも容疑を認めているという。

 県警公安課によると2人は、同県太地(たいじ)町のイルカ漁に反対する活動をしている。逮捕容疑は22日午後3時ごろ、観客席からイルカショーを開催中のプールに飛び込み、「太地でイルカを殺すのはやめろ」と、泳ぎながら英語と日本語で書かれた布のようなものを掲げ、ショーを約20分間妨害したとするもの。2人は同様の活動をしている数人と施設を訪れていたという。