小泉進次郎氏、安倍政権に「国民、飽きてきている」

[PR]

 自民党小泉進次郎・筆頭副幹事長は22日夜、NHKの番組で、選挙戦を通じて感じた国民の安倍政権に対する見方について、「奢(おご)り、緩みだけでなくて、飽きだ。だんだん飽きてきている」と指摘した。

 また、「加計学園の問題に対して、不信感を持っている方が相当全国にいる」と述べた。安倍晋三首相は選挙期間中の街頭演説で加計問題について説明しておらず、小泉氏は説明を尽くすよう求めていた。

 憲法改正については、自身の「賛成」という立場を明確にしたうえで、「国民の皆さんが求めなければ実現できない本当に高いハードル。まさに信頼なくして憲法改正できずだ。信頼を積み重ねること以外に近道はないと思う」と強調した。