民進・前原代表、希望への合流「いったん立ち止まる」

[PR]

 希望の党への合流を主導した民進党の前原誠司代表は22日夜、国会議員のいない党本部で開票速報を見守った。希望の苦戦が伝えられるなか、出演したNHKの番組で「政治は結果が全て。厳しい結果になったことは真摯(しんし)に受け止めないといけない」と悔しさをにじませた。

 前原氏は党の今後について「この結果を受け、やはりいったん立ち止まって(党に残る)参院の皆さんがどうしていくのか、地方組織をどうするのか、皆さん方のお話も伺いながら今後の方向については決めていきたい」と述べ、当初の想定通りの合流は進まないとの認識を示した。