[PR]

 朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室は23日、衆院選の全候補者を対象に実施した共同調査(回答率97%)をもとに、同日午前3時現在の当選者について分析した。その結果、憲法改正の賛否を問う質問に回答した436人のうち、「賛成」「どちらかと言えば賛成」と答えた人は359人(82%)にのぼった。

 衆院選は開票途中のため4議席が確定していないが、自民、公明両党が憲法改正を発議できる定数の3分の2(310議席)を上回る312議席を確保している。分析の結果、改憲賛成派が与党に加えて野党にも広がりを見せていることがわかった。

 党派別にみると、改憲に賛成姿勢を示したのは、与党が自民262人(97%)、公明24人(86%)。野党は希望の党40人(89%)、日本維新の会9人(100%)。立憲民主党も13人(25%)が賛成寄りだった。

 改憲に「賛成」「どちらかと言…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも