[PR]

 北朝鮮外務省の崔善姫(チェソンヒ)北米局長がモスクワで22日にあった一部記者団とのやりとりで、日米韓への対応の違いを明確にした。米国に的を絞った言動を示す一方、日本には皮肉を込めるなど冷淡な扱い。北朝鮮への人道支援を決めた韓国との対話には含みを持たせた。

 崔氏は「トランプ(米大統領)の相次ぐ暴走、宣戦布告」と語るなど、米国を繰り返し非難。「米国が戦争を求めている」「米国の挑発を牽制(けんせい)するため、力を養っている」など、米国に神経を集中させている様子を浮き彫りにした。

 一方、日本が崔氏に接触を求めてきたことを明らかにした際、「私が食事するとき、こっそりとやってきて」などと、わざわざ日本を皮肉る表現を使った。北朝鮮団体も22日、日本に「強硬な自衛的措置」を警告する声明を発表するなど不快感を強めている。

 韓国政府との接触については「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら