[PR]

 台風21号接近の影響で、神奈川県有数の観光地・江の島(藤沢市)は23日未明から早朝にかけて、激しい風雨と高潮にさらされた。けが人はいなかったが、島内の観光スポットの岩屋洞窟そばの欄干が吹き飛ばされたほか、道の冠水でセーリング用のコンテナが流されるなどした。

 同市によると、2カ所ある岩屋洞窟では、洞窟に向かう数カ所の道に設置したステンレス製の欄干が吹き飛ばされた。鈴木恒夫市長も被害状況の確認に訪れた。市は岩屋周辺への立ち入り禁止を決定。運営再開には少なくとも1カ月はかかる見込みという。

 江の島ヨットハーバーを含む島の入り口一帯は早朝まで冠水し、近くの大型駐車場わきに置かれていたセーリング競技用の大型コンテナ数台が数メートル流され、横倒しになった。ハーバーそばの物置も横倒しになって流され、近くにある湘南海上保安署の署員らが処理にあたった。

 島で土産物店を営む堀江茂雄さん(40)は「これだけの被害はここ数年は記憶にない。けが人が出なくて幸いだった」と話した。(小北清人)