[PR]

 超大型の台風21号は22日午後11時ごろ、和歌山県・潮岬の東南東約130キロの海上を通過し、23日午前3時ごろに記録上初めて「超大型」のまま、静岡県御前崎市付近に上陸した。各地で河川の氾濫(はんらん)や土砂災害が相次ぎ、大阪府と三重県でそれぞれ2人、和歌山県と福岡市で1人が死亡、近畿と四国の7府県で80人以上が重軽傷を負った。

 気象庁によると、23日未明までの24時間降水量は和歌山県紀の川市で275ミリに達し、京都府舞鶴市では朝までに312ミリを記録するなど、近畿各地で観測史上最大を更新した。

 兵庫県警本部(神戸市中央区下山手通5丁目)では23日午前、庁舎屋上(高さ約100メートル)からステンレス製の板状の建築部材(縦約3メートル、幅約1メートル、重さ約20キロ)が落下し、地上に駐車中の軽乗用車にあたっているのが見つかった。けが人はいなかった。強風の影響とみられ、発表した県警はほかにも落下する危険性があるため、付近の市道を通行止めにし、24日朝から撤去作業をする。

 大阪府岸和田市では府道が冠水。23日朝には沈んでいた軽乗用車の中から女性(68)が見つかり、死亡が確認された。大阪市東住吉区では同日未明、男性(88)が強風で外れた自宅物置のシャッターの下敷きになって死亡した。

 大津市内のJR湖西線では高架上にある電柱9本が根元近くで折れ、線路上に倒れるなどした。台風による強風の影響とみられ、復旧のめどは立っていない。富山市の富山港では23日未明、貨物船(1798トン)が防波堤の消波ブロックに乗り上げ、油が流出した。

 東海道新幹線は22日夜、岐阜羽島(岐阜県)―米原(滋賀県)の上下線で停電が発生。のぞみ2本(乗客計約1200人)が立ち往生するなどして約2万4千人に影響した。また、近畿地方の在来線を中心に23日朝からダイヤが大きく乱れ、JR大阪駅などでは通勤客らで混雑した。