[PR]

 中高生らが自分の裸を撮影してメールなどで他人に送る「自画撮り被害」を防ぐため、兵庫県は23日、18歳未満の相手に画像を要求する行為を罰則付きで禁じる県青少年愛護条例の改正案を12月県議会に提出すると発表した。成立すれば全国初で、来年度に施行される。東京都もほぼ同様の条例改正を目指している。

 「自画撮り」を求める相手については、やりとりの中で脅迫行為があったり、実際に画像を入手したりしていれば違法となる可能性があるが、要求だけでは罰する法令はない。そのため改正条例案では相手をだますなどして求める行為を禁止する。罰則の内容については今後検討する。23日からパブリックコメントの募集を始めた。

 県や県警によると、2016年に自画撮り被害に遭った中高生らは全国で480人に上り、15年より100人余り増加。インターネットの交流サイトを通じて知り合った相手に画像を送り、被害に遭うケースも多いという。兵庫県内では15年は23人、16年は29人で増える傾向にあるという。(島脇健史)