[PR]

(24日、セCS最終ステージ DeNA9―3広島)

 1点を追う三回1死一塁。DeNA桑原の打球が左翼線に舞い上がった。「切れる」と感じた飛球が左から右に吹く強い風で戻された。逆転の一発が左翼ポールに直撃。ベンチはお祭り騒ぎだ。若いチームが一気に波に乗った。

 先発の石田が一回に2失点し早々に降板した。立ち上がりの流れは完全に広島だった。だが、動じなかった。打線が、一丸になって相手投手に襲いかかった。

 役割を果たせなかった石田が、ベンチで仲間のバットを片付け続けた。その姿を見て「熱くなった」と筒香。五回にはバックスクリーンへ、そして七回には左中間へ本塁打をたたき込んだ。八回には、この日ここまで無安打だった梶谷にも右越え本塁打が飛び出した。「束になって戦えた。こんなの昔はなかった。野球をやってきて今が一番うれしい」。今季最多に並ぶ5本塁打。強打が看板の広島に大一番で打ち勝った。

 今CSは第1S、最終Sともに初戦を落とした。崖っぷちの状態で甲子園では2連勝、広島では4連勝で果たした逆転劇。ラミレス監督は「チーム全員が決して下を向かなかった。常に選手が闘志を出して勝ち得た結果」とうなずいた。

 第1Sから不振が続いた桑原は「みんなのおかげで来られた広島で、最後に役割を果たせた」と言った。苦しんだ筒香も、最後の2戦で3本塁打と調子を上げた。最終Sに入って不調だった梶谷も一発を放った。大切なところで役者がそろったDeNAが、3位からの下克上を完成させた。(波戸健一)

 ○ラミレス監督(D) 「選手が気迫を出してプレーしてくれた。チームワークの勝利。次は日本一を目指す」

 ○三嶋(D) 今季0勝の右腕は2回無失点で勝ち投手に。「木塚投手コーチから『いつかおまえがチームを救う時が来る』と声をかけてもらっていた。うれしい」

 ○浜口(D) 四回から登板し、2イニングを無失点に抑える。「初めての中継ぎで重圧があったけれど、思い切り腕を振った」

 ○梶谷(D) 「昨年の悔しさを晴らせて最高にうれしい。最後まで集中力を切らさずにプレーできた」

 ○山崎康(D) 4試合連続で九回を締める。「中継ぎ陣が好投してつないでくれた。無駄にはできないと、気合が入っていた」

 ○細川(D) 四回に代打で中前適時打を放った高卒ルーキー。「フルスイングしようと決めていた。緊張感があったけれど、打席に入れば集中できた」