[PR]

(24日、セCS最終ステージ DeNA9―3広島)

 広島は頼みの野村がまた打たれた。最終S第2戦で5回4失点で敗戦投手に。後がないこの夜は一回に2点の援護をもらったが、宮崎のソロ、桑原の2ランであっけなく逆転を許した。雪辱に燃えていた大黒柱は3回で降板し、後を受けた大瀬良も失点を重ねた。野村は「悔しいです。それしかない。日本シリーズに行って日本一になりたかった」と言い、大瀬良は「力負けです」と話した。