[PR]

 今回の衆院選は候補者に占める女性の割合が過去最高だったものの、議席を得た女性の割合は前回とほぼ同じ約1割にとどまった。世界的に見ても、日本の衆院議員に占める女性の割合は最低ランク。進出を阻む「天井」はあるのか。

 衆院選の当選者465人のうち女性は47人。全議員の10・1%で、選挙前の9・3%から微増しただけだ。列国議会同盟(IPU)の9月時点の調査にあてはめると、193カ国中160位台にとどまる。

 伸び悩んだ大きな要因は、与党の女性候補者の少なさだ。今回の候補者に占める女性の割合は17・7%と過去最高となったが、自民党は7・5%。当選者に占める割合は7・7%だった。

 自民党の女性局長を務める太田…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら