[PR]

 東京湾や大阪湾、琵琶湖など本州各地で採取した魚の約4割から、「マイクロプラスチック」と呼ばれる小さなプラスチックごみが検出されたとの調査結果を、京都大の田中周平准教授(環境工学)らの研究チームがまとめた。

 マイクロプラスチックは、プラスチック製品が砕けるなどしてできた、大きさ5ミリ以下の破片や粒子。有害な化学物質を吸着しやすく、生態系への影響が懸念されている。

 研究チームは2016年10~12月、女川湾(宮城県)、東京湾(横浜市)、敦賀湾(福井県)、琵琶湖(滋賀県)、大阪湾(兵庫県)、英虞(あご)・五ケ所湾(三重県)の6エリアで調査。採取した7種類計197匹の魚の消化管を調べたところ、74匹(37・6%)からマイクロプラスチック140個が見つかった。

 調査は0・1ミリ以上のごみが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら