「カレーライス」「不滅の男」などで知られるシンガー・ソングライターの遠藤賢司(えんどう・けんじ)さんが25日、死去した。70歳だった。葬儀は近親者で営み、後日「音楽葬」を開く。昨年胃がんであることを公表し、闘病を続けていた。

 47年、茨城県生まれ。ボブ・ディランに影響を受けて音楽活動を始め、69年に「ほんとだよ/猫が眠ってる」でレコードデビュー。ジャンルや音楽形式を超える「純音楽家」を名乗り、70年代のフォーク全盛期に活躍し、「カレーライス」「不滅の男」などヒット曲を生んだ。その後も、「東京ワッショイ」「宇宙防衛軍」「オムライス」といったアルバムを次々と発表。ファンやミュージシャンから「エンケン」の愛称で親しまれた。

 漫画家浦沢直樹さんの作品で、映画化もされた「20世紀少年」の主人公ケンヂ(遠藤健児)のモデルでも知られる。

 今年10月に大阪で公演を予定していたが、体調不良を理由に中止していた。