[PR]

 美容手術の前と後でこう変わったと示す、医療機関のサイトなどに掲載されている写真の掲載ができなくなる。厚生労働省が25日に開いた検討会で、原則禁止する方針を決めた。国民から意見を募り、来年6月からの禁止を目指す。脂肪吸引や二重まぶたにする手術などが想定されている。

 今年6月成立の改正医療法は、広告規制の対象外だった医療機関のサイトについて、看板やチラシと同様に対象とした。虚偽や誇大、他の施設より優れているといった表現を禁じる。

 どこで線をひくか、この日の検討会で議論した。美容医療の手術前後の写真は、虚偽や誇大でなくても個人で結果が異なり、患者の選択に大きな影響を与える。「情報の遮断になる」と反対意見もあったが、「一般の人は安易に飛び付きやすい」などの意見が出て、原則禁止と決まった。国民生活センターによると、美容医療の広告に問題があるとみられる相談件数は、年1千件以上という。

 こうした美容手術とは別に、がん手術後の乳房再建や、先天性の口やあごの形の異常など、患者側が手術の前と後のイメージを知りたい例がある。厚労省は、学会などが手術前後の写真を示し、医療機関のサイトから学会のサイトを紹介する場合は認めることなどを検討。省令や指針で詳細を定める。(野中良祐)