[PR]

 トヨタ自動車は25日、東京モーターショーの報道公開で、高級セダン「クラウン」次期型の試作車を初披露した。2012年以来の全面改良となる。

 設計を大幅に見直し、低速域から高速域までドライバーの目線がぶれない走行安定性を実現したという。また、車載通信機を全車に標準搭載。車両情報から故障を予知したり、渋滞の回避に役立てたりする。市販モデルは来年夏ごろの発売を予定している。(信原一貴)