[PR]

 ホンダは25日、東京モーターショーの報道公開で、参考出展車として「モンキー125」を披露した。惜しまれながら今年8月で生産が終了した原付きバイク「モンキー」の後継車の位置づけで、来場者の反応をみながら生産を検討するという。

 「モンキーはホンダの遊び心。生産中止のままでよいはずはない」(広報)と狙いを話す。排ガス規制の強化で50ccでの生産は終了した。そこで、同社の125ccの「グロム」をベースにし、車体は一回り大きくなりながらも、モンキーらしさを追求した。

 背が高くみえる車体の縦横のバランスや、車体の一番上にあるように見えるシートの配置はモンキーから引き継いだ。一方で、ディスクブレーキや倒立サスペンションを採用し「排気量が大きくスピードも出るので、より走りを楽しめるようにした」と、デザイン室チームリーダーの立石康さん(49)は話す。

 また、生産台数が累計1億台に達し、来年で発売から60年となるスーパーカブも展示されている。1958年に発売された初代モデルや、自転車のようなペダルがついていてこぐことができるモデル、最新のコンセプトモデルなどが並ぶ。(神沢和敬)