[PR]

 中国共産党を今後5年間率いる習近平(シーチンピン)総書記(64)の2期目の指導部が25日、発足した。党最高指導部の政治局常務委員には習氏の後継者となるべき若手リーダーが入らず、慣例に反して3期以上の長期政権を視野に入れる習氏の姿勢が鮮明になった。今回の人事は、定着しつつあった指導部の世代交代のシステムを崩し、将来的に混乱を招く恐れもはらむ。

 2期目の常務委員には、留任した習氏、李克強(リーコーチアン)首相(62)のほか、習氏の最側近の栗戦書(リーチャンシュー)・党中央弁公庁主任(67)▽汪洋(ワンヤン)・副首相(62)▽王滬寧(ワンフーニン)・党中央政策研究室主任(62)▽趙楽際(チャオローチー)・党組織部長(60)▽韓正(ハンチョン)・上海市党委書記(63)の計7人が選出された。

 1期目の政権の推進力となった「反腐敗」を率いる中央規律検査委書記には、退任した王岐山(ワンチーシャン)氏(69)に代わって趙氏が就いた。

 習氏の後継候補として注目された「第6世代」の胡春華(フーチュンホワ)・広東省党委書記(54)と陳敏爾(チェンミンアル)・重慶市党委書記(57)は常務委員入りせず、いずれも格下の政治局員にとどまった。

 透明性の高い指導者選出の仕組…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら