[PR]

鈴木るりかさん

 14歳の誕生日、この10月17日に作家デビューした。

 小学4年、5年、6年と3年連続で小学館の「12歳の文学賞」で大賞を受賞し、審査員の作家あさのあつこさんから「鳥肌が立つような才能」と激賞された。小4、小6での受賞作を大幅に改稿し、書き下ろし3編を加えた5編の連作短編集がデビュー作だ。当初、年末か年明けに出版の予定だったが、誕生日に合わせようと早まった。やはり審査員だった西原理恵子さんが、大急ぎで表紙の絵を間に合わせてくれた。

 主人公の田中花実は小学6年生…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら