[PR]

 昨季のJリーグMVPを史上最年長の36歳で受賞した川崎のMF中村憲剛がギネス世界記録に認定され、26日、公式認定証が主催者側から手渡された。

 中村は「ギネス世界記録はすごいものばかりで、自分には縁が無いと思っていた。最初はドッキリかと」。手にした公式認定証をしみじみとみつめた。

 チームは首位と勝ち点差2の2位につけ、悲願の初優勝も視界に。「1回取ったものをもう一度取りたい気持ちはある」と中村。連続MVP獲得で、世界記録の更新なるか。