[PR]

 核兵器禁止条約の採択に貢献し、今年のノーベル平和賞受賞が決まった国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN〈アイキャン〉)が26日夜(日本時間)、12月10日にノルウェー・オスロである授賞式に被爆者が参加し、スピーチすると発表した。

 発表によると、参加する被爆者は3人で、うち1人は広島で被爆し、ICANの「顔」として国際会議で発言してきたカナダ・トロント在住のサーロー節子さん(85)。ICANのベアトリス・フィン事務局長とともに演説するという。ほかの2人については日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)が選ぶとしている。

 ICANの国際運営委員を務める川崎哲(あきら)氏(48)はこれに先立ち、26日午前に広島市内で会見。「核兵器を禁止し、廃絶するというキャンペーン総体に贈られる賞と考えている。とりわけ広島や長崎の被爆者が経験を語り、核兵器の非人道性を生身の人間の声で伝えて、運動を切り開いてきた」と被爆者の尽力を強調した。また授賞式については「核兵器禁止条約あるいは核兵器の問題そのものを、世界のアジェンダ(議題)にしたい」と話した。(久保田侑暉)