[PR]

 26日に開かれたプロ野球のドラフト会議。12球団の監督は交渉権を獲得した選手に期待を寄せた。

 ヤクルト・小川監督 「清宮君を外したが、村上君を獲得できホッとしている。長打力が魅力でイメージは巨人の阿部。神宮で本塁打を打つ姿をみたい」

 ロッテ・井口監督 「長距離を打てる選手がほしかった。(安田を)抽選で取れてよかった。即戦力で考える。マリーンズの中軸を打てる選手になってほしい」

 中日・森監督 「(中村と鈴木で)初めからどちらにいこうか考えていた。1巡目は大成功。鈴木は体もでかいし、スピードボールを投げられる」

 日本ハム・栗山監督 「球界の宝をお預かりする可能性がある。うれしかったけど、今は緊張感でいっぱい。日本の、世界のホームランバッターにする」

 巨人・高橋監督 「清宮君は残念としか言いようがない。鍬原君はパワー投手。チームとして強化したいポイント。若い投手陣でいい競争をしてほしい」

 オリックス・福良監督 「中継ぎは若い選手が出てきたけど、先発投手が足りないですから。とれたのは大きい。1年目からローテーションに入ってくれると思う」

 DeNA・ラミレス監督 「東は制球力があり、強い精神力も兼ね備えている。優勝するための最後のピースになれる。先発投手は何人でも必要で、いい補強ができた」

 楽天・梨田監督 「近藤君はパワーで抑え込めるタイプだと思う。うちは新人でも早い時期から出場する機会があるし、即戦力として期待している」

 阪神・金本監督 「馬場は馬力のある、タフな投手という印象。現場としては、即戦力がほしい。先発の枚数が足りないチーム状況を考慮しての指名」

 西武・辻監督 「左の先発がうちは薄い。(斉藤は)完投能力があるし、即戦力と期待している。来年優勝を狙うところで重要なポイント。率直にうれしい」

 広島・緒方監督 「当たりくじが残っていて、良かったです。中村君は中軸を打てるくらいの捕手に育てたい。近い将来の戦力として考えている」

 ソフトバンク・工藤監督 「(吉住投手は)体に力があって鍛えていけば、先発ローテーションの一角に入れる。(元西武の)渡辺久信のように直球で押していける」