写真・図版

[PR]

 人のiPS細胞から、束にした運動神経を作る技術を東京大学生産技術研究所の池内与志穂講師(分子神経科学)らの研究チームが開発した。筋萎縮性側索硬化症(ALS)など運動神経に関わる病気の解明や、治療薬の開発に必要な実験に使えるという。米科学誌ステムセルリポーツに27日発表する。

 研究チームは、人のiPS細胞から運動神経を作り、約1万個の神経をまとめた球状組織を作製。独自に開発したマイクロデバイスで培養した。

 デバイスには幅150マイクロメートル、長さ7ミリの細長い空間がある。神経を培養すると、軸索と呼ばれる電気信号を伝える役割をしている組織がこの空間の中で細長く伸び、自然にくっつく。25日間で数千本の束になったという。

 研究チームによると、軸索をi…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら