[PR]

 著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして在宅起訴された韓国の朴裕河(パクユハ)・世宗大教授に対する控訴審で、ソウル高裁は27日、無罪を言い渡した一審判決を破棄し、罰金1千万ウォン(約100万円)の有罪判決を言い渡した。

 判決は朴教授が「日本によって性的虐待を受けた慰安婦に対し、虚偽の事実を示して名誉を毀損(きそん)した」と判断。朴教授が慰安婦問題を従来と異なる視点で研究し、問題解決を図る過程で事実を歪曲(わいきょく)したとした。

 同時に、学問や表現の自由は守られるべきだとし、誤った意見だとしても討論の方法で反論すべきであり、刑事処罰は望ましくないとした。

 朴教授は判決後、記者団に対し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも