[PR]

 開業は1928(昭和3)年。駅名は「池月(いけづき)」だった。源頼朝が鎌倉に向かう途中、この辺りで美しくもたくましい馬に出会い、「池月」と名づけたことに由来する。馬の体には白い斑点があり、池に映る月のようだったとか。頼朝の家臣もこの馬に乗って大勝利をおさめたと伝わる。

 駅名は2年後に「洗足(せんぞく)公園」、36年に「北千束(きたせんぞく)」に改められた。現在の住所は東京都大田区北千束2丁目。区内に住む編集者の針谷周作さん(44)は「通勤通学客が増えたため、住居地に名前が変わったのかもしれませんね」と話す。

 「千束」とは「千束分の稲」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも