[PR]

 麻生太郎副総理は26日夜、衆院選の自民党大勝に関して「明らかに北朝鮮のおかげもありましょうし、いろんな方々がいろんな意識をお持ちになられたんだろう。特に日本海側で遊説をしていると、つくづくそう思った」と語った。北朝鮮情勢が緊迫する中での衆院解散に批判があっただけに、野党からは「おかげ」発言への批判が出ている。

 東京都内で開かれた自民党議員のパーティーでの発言。麻生氏は27日午前の記者会見で「北朝鮮からの度重なるミサイルとか核実験という安全保障の問題に対処するのは政府。どういう政府がいいかを考えて国民が選んだ、という要素が大きかったということだ」と説明した。

 立憲民主党の長妻昭代表代行は同日午前、記者団に「とんでもない発言。トランプ米大統領が来日し、北朝鮮への圧力を強めるという話をする中で飛び出した。マイナスの影響が出る」として国会で、真意を追及する考えを示した。

こんなニュースも