[PR]

 気象庁によると、台風22号は27日、沖縄の南の海上を北北西に進んだ。28日に暴風域を伴いながら沖縄、奄美地方に接近。30日にかけて日本列島の太平洋側を東へ進む見通しだ。各地で非常に激しい雨が降る恐れがあり、同庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、28日午前0時時点の中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。29日午後には九州から四国に、30日には関東に最接近する見通しだ。台風はその後、東北の東の海上に抜けるとみられている。

 台風の北上に伴い、台風の北側にある前線も日本列島に近づくため、28日以降は太平洋側を中心に広い範囲で雨となる。多い所では24時間に200~300ミリの雨量が予想され、非常に強い雨が降る地域もある。

 21~23日に各地で土砂災害など被害をもたらした台風21号の影響で、被害が出た地域や雨量の多かった地域では地盤が緩んでいる可能性があり、同庁は警戒を呼びかけている。

 28日の空の便は、沖縄発着便を中心に全日本空輸や日本航空などで約180便の欠航が決まっている。