[PR]

 大相撲九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)の新番付が30日に発表され、関取最年長39歳の安美錦が昨年名古屋場所以来の幕内復帰を果たした。元関脇土佐ノ海(現立川親方)の38歳6カ月を抜き、昭和以降で最年長の再入幕となる。新入幕から3場所連続で2桁勝利を挙げている21歳の阿武咲が新小結に昇進。大奄美が新入幕を果たした。先場所カド番で勝ち越せなかった照ノ富士は2年半ぶりに関脇に転落。けがのため先場所途中休場した大関高安は初のカド番を迎える。2連覇と節目の10度目の優勝を狙う日馬富士は東横綱に座る。

こんなニュースも