[PR]

 神戸市東灘区の市営住宅を4月に強制退去処分になった40代女性の部屋に、猫53匹が放置されていたことが市への取材でわかった。汚れた部屋の修繕や消毒の費用は約1千万円かかる見通しといい、市は費用を女性に請求することを検討している。

 市によると、部屋は3DK(約60平方メートル)で、女性は2006年に入居し、10~20代の子ども3人と暮らしていた。契約ではペットの飼育は禁止されていた。

 15年に近隣住民から「猫の糞尿(ふんにょう)のにおいがひどい」と市に苦情が寄せられ、市は女性に対し、複数回にわたって改善指導をした。しかし、女性が従わなかったため、市は昨年10月に部屋の明け渡しを求めて神戸地裁に提訴。17年1月に訴えを認める判決が出て、4月に強制退去処分になった。

 室内には猫が53匹いたほか、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら