[PR]

 衆院選で議席を減らした公明党が、その原因分析の作業を本格化させている。選挙では自公協力をアピールしたが、大勝した自民党とは明暗が分かれた。公明党内には安倍政権の「ブレーキ役」になっていないことが議席減の一因となったという見方がある。

 斉藤鉄夫選挙対策委員長ら公明…

この記事は有料会員記事です。残り820文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り820文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り820文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも