[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は30日、新たな夜のパレード「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード」を2018年に始めると発表した。これまでのパレードの倍以上となる70億円超をかけ、夜の集客に力を入れる。

 パレードは、映画の「ハリー・ポッター」や「ミニオン」「ジュラシック・ワールド」「トランスフォーマー」のキャラクターが登場する。パレードの中心となるフロート(移動式のステージ)や周りの建物に「プロジェクションマッピング」で映像を投影し、映画の世界に入り込んだような演出をする。広範囲でプロジェクションマッピングを使ったパレードは世界初という。

 米国のユニバーサル・スタジオにはないパレードで、大阪市で会見したUSJのジャン・ルイ・ボニエ社長は「国内外から多くのお客さんに来てもらうための牽引(けんいん)役になる」と話した。