[PR]

 IT大手のGMOインターネットは30日、顧客情報約1万4600件がネット上に流出していたことを明らかにした。情報が悪用されたなどの苦情はないという。

 流出したのは、サイトの売買を仲介する「サイトM&A」というサービスに登録した企業や個人の名前、住所、生年月日、電話番号、メールアドレスなど。9月中旬に、外部のウェブサイトに載っているとの社外からの通報で発覚した。

 GMOによると、外部からの不正なアクセスで情報が流出した可能性が高いという。GMOは「ご迷惑をかけ、おわびする。情報管理の強化に努めていく」(広報)としている。

こんなニュースも