[PR]

 知事に会うには自民のお許しが必要か? 県内の市町村長が9月に就任した大井川和彦知事へ面会を要請した際に、県から自民県連の了承を求められるケースが出ている。橋本昌・前知事時代にはないルールで、首長側からは戸惑いの声が上がっている。

 最近、県庁を訪れようとした市長の一人によると、大井川氏へのあいさつのため秘書課に日程確認をしたところ、「地元選出の県議を通して自民県連の了承をとってほしい」と求められたという。これについて、複数の自民県議が県側に自民の了承をとるよう求めていることを認めた。

 海野透・県連会長代行の説明では、2代前の故竹内藤男氏の時代は、知事への要望は県議を通して行うことが慣例だった。さらに、橋本氏が知事に就いた当初もこの慣例が守られていた。しかし、間もなく橋本氏が首長と直接やりとりをするようになり、慣例は形骸化したという。

 あるベテラン県議は「平成の大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら