[PR]

 英医学誌ランセットは31日、地球温暖化による健康影響を調べるプロジェクト「ランセット・カウントダウン」の2017年版報告書を発表した。気温上昇による労働生産性の低下や感染症リスクの増加などを指摘、「すでに人々の健康にとって大きな問題となっている」と警告している。

 同誌は世界保健機関(WHO)や世界銀行などと協力し、16~30年に毎年、温暖化による健康影響を追跡してまとめる。17年版の報告書によると、00年以降、気温上昇で屋外での作業が難しくなるなどの影響で、農村の労働力が約5・3%低下。16年にはインドだけで約42万人が働いていないことになるとした。熱波に襲われる人は16年には世界で約1億2500万人で、50年には約10億人に増える恐れがあるという。

 今世紀中に起こる恐れのある最も大きな健康影響としては栄養不足を指摘。世界の平均気温が1度上がるごとに、小麦の生産量は6%、米の生産量は10%下がるとしている。

 日本でも影響が確認されている。デング熱のウイルスを蚊が媒介するリスクは1950年に比べて約3・8%上昇。また、温暖化の原因となる二酸化炭素を大量に出す石炭火力発電所などによる大気汚染が原因で、15年だけでも日本で約3万7千人が早く亡くなり、アジアの21カ国ではその数が80万人以上だったと推計した。

 ランセット・カウントダウンのアンソニー・コステロ共同議長は「今行動しないと、大量の『防ぎ得た死』という代償を支払うことになるだろう」とコメントしている。(小坪遊)