拡大する写真・図版 街明かりに浮かび上がる御園座タワーの「なまこ壁」=30日午後、名古屋市中区、戸村登撮影

[PR]

 よみがえる「なまこ壁」――。名古屋市中区の伏見地区で建設が進む地上40階建ての「御園座タワー」の工事がほぼ終わり、なまこ壁のように見える外観が姿を現した。マンション併設のビルで、劇場の内外装は建築家の隈研吾さんがデザインを監修、かつての面影を採り入れた。工事は最終段階で11月末に完成する予定。御園座の新劇場は来年4月に開業する。(戸村登)