【動画】ソニーが発表したイヌ型の家庭用ロボット「aibo」=池永牧子撮影
[PR]

 ソニーは1日、イヌ型の家庭用ロボット「aibo(アイボ)」を発表した。人工知能(AI)が搭載され、持ち主に自ら近寄ったり、個性的な鳴き声を発したりできる。世界初の家庭用ロボットとして1999年に売り出したイヌ型の「AIBO(アイボ)」の後継モデルと位置づけている。

 インターネット通販「ソニーストア」で来年1月11日から19万8千円(税抜き)で売り出す。予約受け付け開始は11月1日午後11時1分。平井一夫社長は記者会見で「心のつながりを持ち、育てる喜び、愛情の対象となるロボット。新しいアイボが誕生した。アイボとともにかけがえのない物語を紡いで頂きたい」と話した。

 「AIBO」の初代モデルは、25万円ながら限定3千体が20分で完売。生産をやめた2006年までに累計15万台が売れ、ヒット商品になった。平井社長は昨年6月に新型ロボットの開発を表明していた。

こんなニュースも