[PR]

 アップルのデータ共有サービス「iCloud(アイクラウド)」に不正アクセスし、モデルの益若つばささんら10人の私的な画像をのぞき見したとして、福岡県警は1日、契約社員の金子大地容疑者(31)=長崎県大村市久原2丁目=を不正アクセス禁止法違反の疑いで再逮捕し、発表した。「他人のプライベートな写真を見るのが楽しくなった」などと容疑を認めているという。

 サイバー犯罪対策課によると、金子容疑者は1月2日午後5時55分~6月6日午後6時ごろに計12回、益若さんや瑛茉(えま)ジャスミンさんら女性10人のアイクラウドに不正アクセスした疑いがある。

 金子容疑者は、インターネット上で公開されている女性らの誕生日や名前からアイクラウドのIDとパスワードを類推。「パスワードが合ったときに達成感があった。画像はパソコンに保存していたが全て削除した」と話しているという。

 県警は10月11日、別の女性への不正アクセス事件で金子容疑者を逮捕した。これまでの調べに「約1年間で2千~3千人に挑戦した」と供述。県警は約70人への不正アクセスを確認したという。