[PR]

 衆院選での大勝を経て発足した第4次安倍内閣。「謙虚」や「丁寧」を掲げる安倍晋三首相だが、特別国会の会期や野党の質問時間の削減をめぐり、「言行不一致」との懸念や批判が党内外に根強い。憲法改正や外交など難題を抱えての船出となる。

 1日の自民党両院議員総会。4度目の首相指名を前にあいさつした首相は高揚感に満ちていた。

 「私たちは、この3回の総選挙において、最も高い得票数で勝利を勝ち取ることができました」

 衆院選で連勝を続ける安倍首相だが、首相を取り巻く環境には変化が見える。高い内閣支持率を背景にした「安倍1強」と言われた政治状況は、森友・加計(かけ)学園問題が首相を直撃したことで揺らいでいる。支持率が下がり、東京都議選で自民が惨敗すると、首相への異論が表面化した。

 衆院選中も、首相の不支持率が高いまま推移。自民の閣僚経験者は「体感として、安倍さんが飽きられ、人気がないのに勝ったことは分かっている」。議員たちのそうした心理が、党内力学を変えつつある。

 その象徴が、1日に召集された特別国会の会期幅をめぐる綱引きだ。

 官邸は8日間の会期で閉じる方針で、獣医学部開設の結論が11月上旬に出る見込みの加計学園問題や、月内にも会計検査院の調査が公表される森友学園問題については、1日か2日程度の閉会中審査で対応すればいいとの考えだった。

 一方、与党には、実質審議を求める野党の要望に応え、長めの会期をとるべきだとの考えが広がっていた。8日間では「謙虚に」と繰り返してきた首相の言動と一致しないとの懸念からだ。衆院議長続投が内定していた大島理森氏も実質審議のできる会期幅を政権に求めていた。

 最終的には、官邸が自民側に「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも